特別定額給付金(10万円給付)オンライン申請方法(マイナンバーカード・ICカードリーダー使用)【新型コロナウイルス感染症緊急経済対策】

NO IMAGE

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策の特別定額給付金の申請受付が開始されましたね。私も先ほどマイナンバーカードを使って申請しました。私の住んでいる市区町村は郵送だけでなくオンライン申請に対応済みで、私もすでにマイナンバーカードを取得していましたので、すぐにオンラインで申請を済ませることができました。

今回はその特別定額給付金のオンライン申請方法を紹介します。マイナンバーカードやその読み取り環境などが揃っていれば簡単にすることが出来ます。

Advertisement

特別定額給付金のオンライン申請に必要なもの

  • 申請者(世帯主)のマイナンバーカード(通知カードではありません)
  • マイナンバーカード読取対応スマホまたはPCとICカードリーダー(私は後者です)
  • マイナンバーカードの暗証番号(署名用電子証明書暗証番号と券面事項入力補助用暗証番号が必要)
  • 振込先口座の確認書類

以上のものが必要です。

署名用電子証明書暗証番号と券面事項入力補助用暗証番号はマイナンバーカードを受け取りに行った時に設定した暗証番号ですね。

振込先口座の確認書類は通帳やキャッシュカードの画像、ネットバンキングの画像などでいいようです。私はネットバンキングの画面をスクリーンショットに撮って添付しました。詳しくは申請画面の説明を読んで下さい。三井住友銀行だと口座番号連絡書を使うように言われます。

特別定額給付金のオンライン申請方法

特別定額給付金のオンライン申請をするには、自分の住んでいる市区町村が対応している必要があります。自治体ホームページに情報があると思いますのでチェックしましょう。

また、申請ページの注意書きなどはしっかりと確認してミスがないようにして下さい。

電子証明書の暗証番号を覚えてないからといって「これかな?」と適当に試して何度も(5回だったと思います)失敗するとロックされますので注意して下さい。ロックされてしまうと役所へ解除手続きに行かないといけません。既に解除待ちで混雑しているところも多いようですので気をつけましょう。

  1. マイナポータルのページへ行く
  2. 地域を選ぶ
  3. ぴったり検索で「特別定額給付金」にチェックを入れ、この条件で探すボタンを押す
  4. 特別定額給付金にチェックを入れ「申請する」ボタンを押す
  5. 「次に進む」を押す(マイナポータルAPが入っていない場合、注意されるので案内に従ってマイナポータルAPをインストールする)
  6. 電子署名付与の動作環境確認画面に移るので、「マイナンバーカードを持っています」「署名用電子証明書の暗証番号を覚えています。また、ロックしていません」「マイナンバーカードに対応したICカードリーダーライタを持っています」にチェックを入れて「次へ進む」を押す
  7. 連絡先(申請者のメールアドレスか電話番号)の入力して「次へ進む」を押す
  8. 申請者情報入力画面で必須事項を入力する(マイナンバーカードを読み取れば記入がだいぶ省けます)
  9. 申請情報(世帯主と、世帯構成員の情報や振込先口座など)を入力する
  10. 添付書類確認の画面で、振込先口座の確認書類をアップロードする
  11. 画面に従って暗証番号を入力して電子署名を付与する
  12. 申請完了&申請書控えをダウンロードするか、メールに送信する

これで終わりです。特に難しいところはなく、マイナンバーカードの読み取り環境や暗証番号がちゃんと用意出来ているなら問題なくすぐ申請が出来るはずです。時間もそんなにかかりませんでした。

国民一律10万円の給付ですが、一刻も早く給付されないと困るという人もいるかと思います。オンライン申請の方が給付が少し早まる可能性が高いので、マイナンバーカードをお持ちの場合はオンライン申請をした方が良いでしょう。マイナンバーカードがない場合は申請書を郵送する方法になります。

「この特別定額給付金のためにICカードリーダーを購入したけど何か使えないんだけど…」という人は、もしかしたら「【確定申告 e-Tax】ICカードリーダー「SONY PaSoRi RC-S380」のセットアップ方法、NFCポート自己診断が見つからない時の解決法【マイナンバーカード】」こちらの記事が役に立つかもしれません。もし同じICカードリーダーを使っている人は読んでみて下さい。

Advertisement

最後に

私は自分の分の特別定額給付金を申請しただけですが、持続化給付金や協力金、各種助成金の申請の仕事を企業から受任している行政書士の先生もいるようですね。私は今のところは取扱う予定はありませんが、適切な報酬額を設定しているなら多くのお客様に喜ばれる業務ではないかと思います。

新型コロナウイルスの感染状況は少し落ち着いてきているような気もしますが、まだまだ気が抜けない状態です。出来るだけ家にいるようにして何とか収束へ持っていきたいですね。

司法書士試験の申し込みの受付が延期になりましたが、実施されるのか中止なのかが気になるところです。前の記事でも書いたとおり、私はほぼ受けないと思いますが…。ちなみに最近は民法と会社法の改正部分と登記雛形を重点的に勉強しています。

行政書士開業カテゴリの最新記事