行政書士試験に234点で合格した私のおすすめ勉強計画・テキストはこちら

行政書士開業準備 行政書士事務所用の屋号付き銀行口座(営業性個人口座)を作る

行政書士登録が完了して開業届を税務署に提出したら、次は行政書士事務所用の銀行口座を作りましょう。

せっかく行政書士事務所専用の銀行口座を作るなら、屋号付き(自分の事務所名入り)で作りたいですよね。この場合、あまり聞き慣れないですが「営業性個人の口座」というものを作ります。個人事業主やフリーランスの方なら既に持っているかもしれませんね。

この屋号付きの口座が簡単に開設できる銀行、ちょっと開設までのハードルが高くなるところなど銀行により色々違うようです。三井住友銀行なら特に問題なく作れるので、とりあえず三井住友銀行で作っておくのがおすすめです。メガバンクですし。

必要だと感じれば、後で他の銀行でも屋号付きの口座を作ればいいでしょう。

今回は、三井住友銀行で屋号付きの銀行口座を開設する時に必要なものや、手続きの流れなどを紹介します。

[adchord]

目次

行政書士事務所の屋号付き銀行口座(三井住友銀行 営業性個人口座)の開設に必要なもの

  • 身分証明書(免許証)
  • 印鑑(銀行印)
  • 開業届の控え(受付印有り)
  • (スマホ)

必要な書類等は、上記の3点で特に他に何も言われず大丈夫でした。運転免許証と開業届のコピーを取られて終わりです。預ける現金すら不要でした。

事前にネットで屋号付きの銀行口座開設に必要な書類などを調べたところ、「実際に営業しているのか調べるためホームページを印刷したものや名刺などが必要」とありましたが、特に提示を求められたりはしませんでした。

名刺はもう出来上がってると思うので、一応持っておくと良いでしょう。行政書士証票も貰っている段階なら、それも一応持っていきましょう。提示を求められたりはしないとは思いますが。。

スマホ?と思った人もいると思いますが、スマホがあればかなりスムーズに手続きが進みます。住所、氏名、電話番号、生年月日などの情報を手書きの紙ではなく、スマホでQRコードを読み取って飛んだ事前入力用の銀行サイトで入力することが出来ます。

こっちがスマホでポチポチ入力してる間、銀行の人はまた別の作業をやってくれるので分業制みたいになり、手続き完了までの時間短縮になっていると思います。最近の銀行の手続きは大型のタブレットを使ったり、スマホで客に入力させたりとかなり進化してますね。

行政書士事務所の屋号付き銀行口座開設の流れ

私の時の屋号付き銀行口座開設の流れを紹介しますので、参考にして下さい。

最近の銀行は案内役みたいな人がいますので、その人か受付にいる人に「屋号付きの個人口座を開きたい」と伝えたら番号札をくれると思うので、呼ばれるまで待ちます。この時、「身分証明書」「開業届の控え」「印鑑(銀行印として登録するもの)」の3つを取り出しておきます。

自分の番号札が呼ばれたらブースに案内されますので、担当の人にもう一度「事務所の屋号付きの口座を開きたい」と伝えて、「身分証明書」と「開業届の控え」を渡します。念のため法人口座ではないことも伝えましょう。

口座名義を「事務所名 氏名」にしたいと伝えると、その後は担当の人がどんどん進めてくれると思います。「事務所名のみ」の口座名義は法人口座じゃないと無理なようです。

私の場合はスマホでQRコードを読み取って、氏名や住所などを入力していきました。スマホがなかったら銀行のタブレットで入力か、紙に書くんだと思います。

紙の通帳を使うかどうか、カードのデザインはどうするかを選びます。正直紙の通帳いらないかなとも思ったんですが、一応貰っておきました。WEB通帳にはすぐ切り替えられると思いますし、自分の事務所名の入った通帳をひと目見ておきたかった笑

銀行のタブレットで「反社会的勢力ではないことの表明・確約に関する同意」というものの同意ボタンを押します。

4桁の暗証番号を設定します。

あとは銀行印の登録です。最近の銀行って専用の機器に印章を押し付け読み取らせて登録するんですね。これにはびっくりしました。同じ機器に口座名義をサインをして自分の筆跡も登録します。口座の名義が「事務所名 氏名」だから長くなり、サインが結構大変でした。

最後にネットバンキングで使うパスワードカードの設定をして終わりです。リモコンみたいな小さいカードです。

キャッシュカードは後日郵送で、当日は通帳とパスワードカード、口座開設の申込書の控えを貰って帰りました。

[adchord]

行政書士事務所の屋号付き銀行口座開設の所要時間

所要時間は30分前後でしょうか。さすがに開業届のようにハンコ貰って終わりというものではないのである程度時間がかかるのは仕方ありません。でも思ったよりスムーズに進みました。

事務所や行政書士業務について何か聞かれたりするんだろうかと思ってたんですが、全然聞かれませんでしたね。

特に審査のようなものもなく、すんなり即日で屋号付きの銀行口座を作ることが出来ました。自分の事務所名が入った通帳を見るとやっぱりテンションが上ります。報酬の初入金の方が上がりますけどね笑

次の記事:行政書士開業準備 登録完了日からたくさんかかってくる営業電話のおすすめ対処法

行政書士事務所の開業準備については「行政書士開業準備の記事一覧」をどうぞ。

  • URLをコピーしました!
目次