【行政書士試験 過去問】「合格革命 行政書士 肢別過去問集」と「LEC 出る順行政書士 ウォーク問過去問題集」を比較、どっちがおすすめ?

【行政書士試験 過去問】「合格革命 行政書士 肢別過去問集」と「LEC 出る順行政書士 ウォーク問過去問題集」を比較、どっちがおすすめ?

私は行政書士試験の過去問題集は1年目(178点不合格)にLECの「出る順行政書士 ウォーク問過去問題集」、2年目(234点合格)に「合格革命 行政書士 過去問集」を使用しました。この2冊は行政書士試験の過去問集の定番だと思います。

これから行政書士試験を受験しようと思っている方で、「過去問はLECと合格革命のどっちを選んだらいいの?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

今回は、両方を使用した経験から、この2冊の行政書士試験の過去問題集の

  • 特徴
  • おすすめな点・注意点
  • 個人的な使用感
  • 1冊を選ぶとしたらどちらがおすすめか

などを紹介しようと思います。

行政書士試験の最重要科目である行政法は過去問からの出題が毎年結構ありますし、一度はやっておいた方が良いと思います。もちろん、他の法令科目もやっておいて損はありません。

行政法と民法のおすすめテキストはこちらの記事で紹介しています。

行政書士試験 行政法のおすすめテキスト「国家試験受験のためのよくわかる行政法」択一も記述もこれ1冊でほぼ完成します。

行政書士試験 独学 民法のおすすめテキスト・問題集「公務員試験 新スーパー過去問ゼミ 民法(スー過去)」択一も記述もこれでOK

Advertisement

【行政書士試験】合格革命の肢別過去問集とLECの出る順ウォーク問過去問集に共通する特徴

  • 基本テキストとのリンク(同シリーズの基本書のページ数を掲載)
  • 科目別・体系別に編集
  • 法改正に対応して過去問を改題
  • 難易度表示(LECは重要度・難易度表示、合格革命は応用マークと複数出題年度)
  • 解説はどっちも詳しいので問題ない

上記の特徴は、合格革命の肢別過去問集とLECの出る順行政書士ウォーク問過去問題集のどちらにも共通しています。特に、法改正への対応などは必須ですよね。

LEC 出る順行政書士 ウォーク問過去問題集

LEC 出る順行政書士 ウォーク問過去問題集の特徴・おすすめな点

  • 1176ページ
  • 見開きの右ページに問題、次の見開きページの左ページに解答解説
  • 直近10年分の行政書士試験の本試験問題が収録されている
  • 本番と同じように組み合わせ問題や語句の穴埋め、個数問題などの5択を解く練習ができる
  • LECの無料成績診断の受験者正答率を表示
  • 合格革命の肢別過去問集より安い
  • Kindle版あり
Advertisement

LEC 出る順行政書士 ウォーク問過去問題集の個人的な使用感と注意点

1年目はLECから出ている出る順行政書士ウォーク問過去問題集を使用しました。

まず、これは個人の好みの問題ですが、LECの過去問集は問題と解答解説が見開きで完結せず、毎回ページをめくらないといけないのが私にはかなりのストレスでした。

やっぱり左ページに問題、右ページに解答解説の問題集が使いやすいです。解答は紙か何かで隠せばいいですし。私は紙版を使用しましたが、LECの過去問はKindle版が出ています。Kindle版ならこの点はあまり気にならないかもしれません。

あと、10年分の過去問しか載っていないのが気になりました。個人的にはどうせ過去問をやるなら、もっと網羅性のあるものを解きたいですね。

どちらかと言うと、過去問をメインにして行政書士試験対策をしていくというよりも、スー過去・クイックマスターなどの公務員試験用の問題集や「よくわかる行政法」などのテキストをメインで勉強している人が「ちゃんと本番形式の問題で解けるか」を確認するような使い方がおすすめかなと思います。

 

合格革命 行政書士試験 肢別過去問集

次は「合格革命」の肢別過去問題集です。こちらも定番で人気のある過去問集ですよね。


合格革命 行政書士 肢別過去問集 2019年度 (合格革命 行政書士シリーズ)

合格革命 行政書士 肢別過去問集の特徴・おすすめな点

  • 888ページ
  • 肢別の一問一答式なのでちょっとした空き時間でも勉強できる
  • 見開き2ページで問題と解答解説が完結
  • 昭和62年~最新年度の行政書士試験本試験問題を肢別に分解
  • 重複した問題は最も学習効果が高いものを収録
  • オリジナル問題あり
  • LECのウォーク問過去問題集よりもページ数が少ない

合格革命 行政書士 肢別過去問集の個人的な使用感と注意点

2年目は合格革命の肢別問題集を使用しました。

私は基本的には「よくわかる行政法」と「スー過去の参考書部分」の読み込みが行政書士試験対策のメインでしたが、合格革命の肢別過去問はミスした肢はしっかりと復習しました。

こちらの過去問集は肢別ですし、見開きページで問題と解答解説が完結するので、サクサク解いていけるところが良かったです。問題を解くのがあまり好きではないので、一問一答式が私には合っていました。

昭和から平成までの肢が重複なしで載っているので、LECの過去問集よりもページ数が少ないのに過去問知識の網羅性が高いのもポイントが高いです。

複数年度で出題された肢もひと目で分かるので、「これは要注意の知識だな」とメリハリをつけることも出来ますね。

注意点としては、肢別過去問集なので、行政書士試験の本番とは少し問題形式が違うことでしょうか。5択の組み合わせ問題などの解き方は、人によっては模試や予想問題集などで練習した方が良いでしょう。

Advertisement

合格革命の「行政書士 肢別過去問集」とLECの「出る順ウォーク問 行政書士過去問題集」、1冊買うならどっちがおすすめ?

個人的には、断然「合格革命 行政書士 肢別過去問集」がおすすめです。

理由は

  • 見開きの一問一答式でサクサク進められる
  • 昭和から平成までの問題が検討されているので、必須過去問知識に抜けができない
  • 過去問だけでなく、オリジナル問題あり
  • 重複した肢がまとめられていて同じ肢が何度も出てこず、効率が良い

こんな感じですかね。やはり直近の10年分だけしか載っていないLECよりも、昭和から平成までの問題からちゃんと検討されて載っている過去問集の方が安心だと思います。

過去問集をメインに問題を解きまくるタイプの勉強をする人はもちろんですが、私のようにテキスト読み込みがメインの勉強法の人にも、合格革命の肢別過去問集の方がおすすめです。

行政書士試験 おすすめテキスト・問題集カテゴリの最新記事