【行政書士試験 一般知識対策】基準点足切りを回避するために絶対にやるべきおすすめの勉強(文章理解・情報通信・個人情報保護)

【行政書士試験 一般知識対策】基準点足切りを回避するために絶対にやるべきおすすめの勉強(文章理解・情報通信・個人情報保護)

行政書士試験には法令、一般知識ともに基準点が設けられていて、それを下回ると足切りになってしまいます。私もそうでしたが、行政書士試験の受験生には「法令でちゃんと得点出来ても、一般知識で足切りになるのではないか」という不安がつきまといます。

「法令はしっかりと得点でき、総合点でも合格基準点の180点を超えているのに一般知識で足切りになってしまい不合格…」

こういう人が一定数います。出題運により、常識で正解出来る問題も出たりする一般知識ですが、とにかく足切りにならないことが大切です。

今回は、行政書士試験の一般知識で足切りにならないために、最低限やっておいた方が良い勉強を紹介します。

Advertisement

行政書士試験 一般知識で基準点足切りにならないためには何を勉強すればいい?

行政書士試験の一般知識対策として必ず勉強するべきなのは文章理解・情報通信・個人情報保護

  • 政治・経済・社会:7問
  • 情報通信・個人情報保護:4問
  • 文章理解:3問

行政書士試験の一般知識は以上の全14問出題され、基準点をクリアするためには6問以上正解する必要があります。

行政書士試験の一般知識で足切りにならないための対策で、一番効率が良い(時間対効果が高い)のは

  • 文章理解
  • 情報通信
  • 個人情報保護

この3つで5~6問確実に正解するのを目標に準備しておくことです。

この3科目で6問正解出来れば、それで基準点足切りを回避出来ます。もし5問正解でも、残りの政治・経済・社会の7問中全て不正解というのはおそらくないはずなので、高確率で足切りを回避することが出来ると思います。

行政書士試験は一般知識の政治・経済・社会は勉強しなくてもいいの?

政治・経済・社会の分野は範囲が広すぎる割に、事前に勉強したことが出る可能性がかなり低いです。個人的には、ここに時間を使うのは殆ど無駄だと思っています。

行政書士試験の一般知識対策として普段からニュースを見るとか、高校の現代社会や政治経済のテキストを読むなどがよく言われますよね。

しかし、最近の行政書士試験の一般知識にはそういった「典型的な政治経済の問題」は、ほぼ出ないのであまり勉強する意味はないと思います。その分、法令科目の勉強にあてた方が行政書士試験合格に近づくはず。

政治・経済・社会の勉強が全く意味がないとは言いませんが、優先度は行政書士試験の全科目中最下位だと思います。(言うまでもなく、優先度のトップは行政法と民法です)

関連記事:【行政書士試験 法令・一般知識】勉強の優先順位 効率よく合格レベルに達するためには、どの科目を優先して勉強すればいい?

とはいえ、私も毎日ニュースサイトは必ず見ますし、この記事を読んでいる方の中にもニュースを読むのが習慣になっている人は多いと思います。

別にそれを時間の無駄だからやめろというのではなく、「行政書士試験の対策としてニュースを読む」という意識は不要ということです。肢がいくつか切れたり、正解出来る問題が出たらラッキーくらいに思っておくといいでしょう。

実際、ニュースをちらっと読んだ程度の知識では、実際の問題を確実に正解出来ることは多くはないでしょう。「あー、これニュースで読んだ(見た)ことあるわ。正解は分からないけどね」程度です笑

もちろん、常識で解ける問題やその場で考えれば解ける問題などが出ることもありますので、政治・経済・社会の勉強は法令科目や文章理解・情報通信・個人情報保護の対策が終わって、「もう本当にやることないな」というレベルに達してようやくやってもいいかなという感じです。

Advertisement

行政書士試験 一般知識対策 文章理解のおすすめ参考書・問題集

行政書士試験の文章理解はそんなに難しくないので、人によっては対策せずとも3問正解が簡単に取れるボーナス科目だと思います。私も文章理解は特に何も対策はしませんでしたが、全問正解でした。

各自、過去問を見て対策が必要か判断して下さい。

対策をする場合は、やはり公務員試験の文章理解の参考書・問題集が一番効果的かなと思います。特に、民法の対策でも紹介している「スー過去」の文章理解がおすすめですね。解き方などもしっかり学ぶことが出来ますので、文章理解が苦手な人はこのスー過去で練習しましょう。

文章理解で3問取れるとかなり安心感があるので、確実に取れるようにしたいですね。


公務員試験 新スーパー過去問ゼミ5 文章理解・資料解釈 (公務員試験新スーパー過去問ゼミ)

行政書士試験 一般知識対策 情報通信

情報通信は、IT系の知識がどれだけあるかによって対策が必要かどうかが変わってきますが、IT用語の問題が出たら確実に取っておきたいですね。

総務省「国民のための情報セキュリティサイト」の用語辞典」こちらのサイトに基本的なIT用語が載っているので知らないものはチェックしておくと良いと思います。

行政書士試験 一般知識対策 個人情報保護

個人情報保護は出題範囲が決まっているので、絶対に対策した方がいいです。条文を読みましょう。LECや合格革命の基本テキストを持っている人は、そちらも併用すると良いでしょう。

  • 個人情報の保護に関する法律
  • 行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律

 私は以上の2つの法律の条文をe-govからダウンロード・印刷して読みました。条文数もそんなに多くないので、しっかりと読み込みましょう。

Advertisement

最後に

行政書士試験の一般知識の基準点足切りを回避出来るかどうか不安な人も多いと思いますが、文章理解と情報通信・個人情報保護で5問以上確保するのを目標に対策をしましょう。

むやみに政治・経済・社会を勉強するよりも、確実に足切り回避することが出来ると思います。

また、試験にはある程度の出題運が絡んでくるのは仕方ないです。この記事で紹介したこと以上には、一般知識はあまり深入りはせず、民法や行政法などの重要科目をしっかりと勉強することをおすすめします。

関連記事:行政書士試験 独学 民法のおすすめテキスト・問題集「公務員試験 新スーパー過去問ゼミ 民法(スー過去)」択一も記述もこれでOK

行政書士試験 行政法のおすすめテキスト「国家試験受験のためのよくわかる行政法」択一も記述もこれ1冊でほぼ完成します。

行政書士試験 おすすめテキスト・問題集カテゴリの最新記事