【行政書士試験 独学】おすすめ勉強計画、参考書・問題集・過去問、合格に必要な勉強時間・費用など【予備校講座】

【行政書士試験 独学】おすすめ勉強計画、参考書・問題集・過去問、合格に必要な勉強時間・費用など【予備校講座】

令和元年の行政書士試験から一日経ちました。今年受験された方、自己採点の結果はどうでしたか?

私も記述式の問題だけとりあえず見てみましたが、民法の片方は結構マイナーなところが出ましたね。まさか第三者のためにする契約が出るとは(後述する民法のおすすめテキスト『スー過去』には載ってたと思いますが)。

一方で、行政法の記述式は行政手続法の条文を読み込んでいれば余裕な問題だったかなと思います。

今回は、もし私が今からまた独学で行政書士試験の対策をするなら、平成29年度・平成30年度の受験経験を踏まえてどういう学習計画を立てて勉強していくかを紹介します。来年以降の行政書士試験への勉強計画を立てるのに参考にしてみて下さい。

「行政書士試験を受けようと思ってるんだけど…」と相談された友人にも、この記事と同じ勉強計画、テキスト・問題集・過去問をおすすめしています。

私の行政書士試験受験年度の勉強計画は「平成30年度行政書士試験の対策 独学の学習期間、学習時間、勉強計画(使用した参考書・問題集なども)」こちらの記事で紹介しています。

Advertisement

行政書士試験合格に必要な勉強時間の目安

行政書士試験に安定して合格できるレベルに到達するためには、最低でも300時間、できれば500時間以上は確保したいところです。これは「300時間やらないと絶対に合格出来ない」「500時間やれば絶対に合格出来る」というわけではありませんので、そこは誤解なきようお願いします。

そして、総勉強時間は多ければ多いほどよく、ある程度短期間で詰め込む方が有利です。同じ300時間でも、1年かけての300時間より、3ヶ月かけての300時間の学習の方が実力がつきやすいんじゃないかなと思います。人間なんで、ちょこちょこやる程度では忘れていきますしね。

人それぞれ、バックグラウンドや勉強に使える時間が違うと思いますので、各自調整して下さい。私は1年目も2年目も、約3ヶ月の期間で300~400時間ほど勉強しました。

Advertisement

行政書士試験 独学合格に必要な費用

独学の場合は、必要な費用はテキスト代+受験料のみです。

人によりますが、このサイトでおすすめするもので揃えると、行政書士試験の受験手数料込みでだいたい25,000円切るくらいです。

関連記事:【行政書士試験】独学合格までにかかった費用を全て公開します【テキスト代など】

行政書士試験 おすすめ勉強計画、参考書・問題集・過去問

【憲法・商法会社法・基礎法学など】LEC、TAC、合格革命などの行政書士試験基本テキスト(1冊本)

あまり深追いする必要のない憲法、商法会社法、基礎法学、情報通信分野などは、この基本テキストに載ってるものをまずはしっかり覚えるようにします。特に商法会社法については、あまり手を広げすぎないよう最低限の知識に絞るための最適な選択かと思います。

憲法は基本テキストとは別に条文素読(特に統治)もやります。最低限の判例知識もしっかりと覚えていきたいところですね。余裕があれば、リラックス法学部の憲法重要判例解説などを読むのも良いと思います。

1冊本は各予備校からいくつか出てますので好きなのを選びましょう。合格革命の基本テキストやTACのみんなが欲しかった!行政書士の教科書、LECの合格基本書が人気ですかね。他には伊藤塾のうかる!総合テキストなどもあります。

最重要科目である行政法と民法は行政書士基本テキスト(1冊本)ではなく、これから紹介する別のテキストをメインに学習しましょう。

【行政法】国家試験受験のためのよくわかる行政法

必須です。行政書士試験の行政法はこれ1冊でほぼ終わりです。

別の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:行政書士試験 行政法のおすすめテキスト「国家試験受験のためのよくわかる行政法」択一も記述もこれ1冊でほぼ完成します。

【民法】新スーパー過去問ゼミ 民法 (スー過去)

必須です。行政書士試験の民法はこの『スー過去 民法』2冊でほぼ終わりです。

別の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:行政書士試験 独学 民法のおすすめテキスト・問題集「公務員試験 新スーパー過去問ゼミ 民法(スー過去)」択一も記述もこれでOK

合格革命 行政書士 肢別過去問集

過去問はやらないと不安な人も多いと思うのでやっておきましょう。ただ、過去問を学習のメインにするのは個人的には反対です。

一見効率が良さそうに思えますが、実は過去問で正解できる問題って本番ではそこまでたくさん出ないので効率が良くないと思います。過去問で全範囲をまんべんなく体系的に学習出来て、全部潰せば8割以上確実に取れるという感じなら絶対にやった方がいいのですが…。

特に最重要科目の片割れである民法は、毎年の出題数が択一9問+記述2問しかないので過去問の蓄積がそもそも少ないです。過去に択一で出た論点が記述に出たりもしますので、全くの無駄とは言いませんが、高い配点かつ膨大な学習範囲の民法の勉強を過去問頼りにするのはかなり危険だと思います。

行政法は一番過去問演習が活きる科目ですので、『よくわかる行政法』の勉強成果を試す意味でも積極的にやっておいて損はないでしょう。

別の記事でLECの過去問集との比較で紹介しています。

関連記事:【行政書士試験 おすすめ過去問題集】 合格革命の肢別過去問集とLECの出る順行政書士ウォーク問過去問題集を比較、どっちがおすすめ?

予備校 市販の直前予想模試

時間配分の確認と、実戦形式の問題に慣れるために1冊やっておくと良いでしょう。ヤマを張るとか、出題の予想が当たることを期待してはいけません。「当たる!」とか書いてますが、どうせほとんど当たりませんから笑

私は1年目も2年目もやりませんでしたが、1年目は特に時間配分で大失敗してしまったので、やっておいた方が良かったかなと思いました。

憲法・行政法・個人情報保護法の条文素読

これも絶対にやって下さい。行政○○法は『よくわかる行政法』がある程度頭に入ってからでOKです。単純な条文問題は即答出来るようにしたいですね。個人情報保護の問題でしっかり正解出来ると一般知識の足切り回避がグッと近づきます。

  • 日本国憲法
  • 行政手続法
  • 行政代執行法
  • 行政不服審査法
  • 行政事件訴訟法
  • 個人情報の保護に関する法律
  • 行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律

上記の条文を読み込みましょう。e-govから印刷出来ます。

行政書士試験 一般知識対策

人によっては文章理解などの一般知識の対策が必要です。

一般知識は基本的に、対策をして高得点を狙うというのが難しい科目だと私は考えています。

したがって、一般知識は最低でも足切りを回避出来るように準備して、後は本番の現場思考や出題運・マーク運などでどれだけ上乗せ出来るか勝負です。

一般知識対策についてはこちらの記事をどうぞ。

関連記事:行政書士試験 一般知識対策 足切りを回避するために絶対にやっておいた方が良いおすすめの勉強(文章理解・情報通信・個人情報保護)

Advertisement

行政書士試験 行政法・民法の記述式問題対策

記述式ですが、基本的には先ほど紹介した行政法・民法のテキストをしっかりと仕上げれば問題ありません。

しかし、「実際にどんな問われ方をするか、どんなふうに解答を書けば良いのか」ということには慣れておいた方が良いでしょう。

本屋さんで過去問や市販の直前予想模試に載っているの記述式の問題をパラパラと見て、不安であれば1冊でいいので記述式の対策本をやりましょう。LECか合格革命のどちらかを選べばいいと思います。

私は1年目の受験で合格革命の記述対策本を買いました。多肢選択式の問題や、重要判例や条文知識のまとめも載ってるので結構良かったです。LECの記述対策本は記述問題がたくさん載ってるので、量をこなしたい人はこちらを選べばいいかと思います。

これも市販の直前予想模試と同じで、記述式の出題のヤマを張るためではなく記述式を解くことに慣れるために使用して下さい。

関連記事:【行政書士試験】行政法・民法の記述式対策はどうするべきか。どの参考書・問題集がおすすめか

行政書士試験 勉強計画を立てるにあたっての注意点

テキストや問題集・過去問を何周したかではなく、内容をどのくらい頭に定着させたかが重要

よく、どのくらい勉強したかで「○○を何周回した」というようなことを見たり聞いたりすると思います。私も他の記事に『よくわかる行政法』を1年目、2年目ともに7周以上は読み込んだと書いています。

行政書士試験、大学受験や他の資格試験でも、たまに「過去問を○0周した」と豪語してる人がいますが、時間を無駄にしていることも多いのではないかと思います。

ここで注意してほしいのは、「何周したか」自体にほぼ意味はないということです。実際に自分の頭の中にどれだけ頭の中に入れられたかが重要です。そして、自分が完全に覚えてしまった部分を何度も何度もやる必要はありません。その分他のことをやった方がいいです。

例えば、5周目くらいでほぼ内容が完璧に頭に入ってる人が、そのまま何周もそのテキストをやり続ける意味はほとんどありません。過去問集のような体系的・網羅的な学習にならないものは特にそうです。覚えていないものをピックアップして集中して暗記していく作業にシフトした方が時間対効果は高いでしょう。

もちろん、記憶の定着のために定期的に全範囲を読み返したり解き直したりすることは有益ですが。

Advertisement

弱点(覚えていない条文・判例知識や、ミスした問題)は必ずピックアップして暗記する

勉強がある程度進んだら、「自分の苦手なもの」「何度やっても覚えられない知識」「何度もミスする問題」が出てくると思います。そういうものは必ず

  • ノートに書き出してまとめる
  • スマホやパソコンで打ち込んでまとめる
  • 表や図の場合は写真に撮る
  • テキストに付箋を貼る

こんな感じで、各自好きな方法で良いので個別に弱点ピックアップしておき、いつでも見れるようにした上で何度も読み込んで完全に覚えてしまいましょう。この勉強はかなり効果的です。

私はこのサイトの暗記用まとめ記事にするという方法をとりました。

行政書士試験基本テキスト(1冊本)、過去問のみは危険

行政書士試験の基本テキストは1冊で全ての科目が学習できるので便利ではあるのですが、少し内容が薄いという欠点があります。

特に最重要科目の行政法と民法は、絶対に独立したテキストを使ってある程度網羅的に学習した方が良いでしょう。この2科目で記述式を含めて得点をしっかりと稼げれば、後は一般知識の足切りにさえ注意すればどうにでもなると言っても大げさではないと思います。

また、テキスト類を使わず行政書士試験の過去問だけを使って勉強する人もいますが、私はおすすめしません。

理由は自分の知識が穴だらけになるからです。出題運やマーク運などがよければ受かるということも十分ありますが、安定して合格する実力を過去問だけでつけるのは少し厳しいと思います。

関連記事:【行政書士試験】行政書士試験は過去問だけで合格できるのか?

2年目以降の学習の場合は敗因分析を必ずする

学習2年目以降の人は、「なぜ自分が行政書士試験に不合格になったのか」を考えて下さい。

私の1年目の敗因分析は「平成29年度行政書士試験 不合格体験記(178点)と敗因分析」の記事でしていますが、

  • 記述に可能な限り時間を使うため、択一をかなり急いで解いてしまい、見直しもほとんどしなかったためケアレスミス連発。
    →見直しは必ずする。記述も書けるよう基礎知識をしっかり。記述が書けそうになくても焦らない。
  • 学者の書いた本など、使用テキストの選択を間違えた(オーバーワークになるテキストを選んでしまった)
    よくわかる行政法・スー過去民法・条文素読などを軸に。絞りすぎてもダメ。
  • 憲法など単純な条文問題を落としてしまった
    →条文をよく読み込んで覚える。
  • 見たことのない用語に惑わされて間違えた
    →冷静になって全選択肢を検討する。
  • 勉強期間が少し短かった
    →ひと通り勉強が終わっている2年目だが、1年目と同じ時期に勉強開始&勉強時間は1年目より多く取る。

私の場合はこんな感じでした。反省点は人それぞれ違うと思うので、同じ間違いを繰り返さないように勉強開始時に全部ピックアップし、どう改善するかをよく考えましょう。

Advertisement

もし独学では行政書士試験の合格は無理だと感じたら

私は行政書士試験は独学で十分合格出来る試験だと思っていますが、

  • 自分で勉強を進めていく自信がない
  • 自分の勉強方針が正しいのか不安
  • 受験仲間がほしい
  • 実際に授業を受けて勉強したい
  • 模試・答練で試験慣れをしたい

このような理由で、資格予備校の講座の受講や模試・答練の利用を考えている人もいるかと思います。予備校時代の仲間と合格後も繋がっているという人も多くいますね。

基本的にどの資格予備校でも、しっかりと与えられたことをこなせば合格出来るようなカリキュラムにはなっていると思います。受講料や講師、テキストなどを公式ページで見た上で受講するかどうかをよく考えましょう。

ちなみに、もし私が予備校の講座を利用するなら、伊藤塾の平林講師かLECの横溝講師の授業が受けられる講座を選びます。

理由は平林講師の本が分かりやすくて良かったことと、平林講師は伊藤塾の行政書士試験講座の講師をしながら司法書士試験にも合格し、現在予備試験にも挑戦中という向上心のある人かつ、講師経験・受験経験・法律の学習経験豊富な講師だからです。

関連記事:行政書士試験 独学 おすすめテキスト「うかる!行政書士 民法・行政法 解法スキル完全マスター」平林勉/伊藤塾

行政書士試験の有名予備校講師といえばLECの横溝講師なので、そちらが候補に入る人もいるかと思います。

また、予備校の講座は不要と考えている人でも、試験慣れをしたいという人は模試や答練のみ利用するのも良いでしょう。

行政書士試験対策におすすめの参考書・問題集・過去問集、勉強法・勉強計画、私の行政書士試験受験体験記(178点不合格、234点合格体験記両方アリ)は、こちらの「行政書士試験対策・受験体験記」で全て公開しています。

行政書士試験 おすすめテキスト・問題集カテゴリの最新記事